土木人IT@Akiba

建設IT・i-Construction・CIM・BIM・IAI・IFC・アセットマネジメント・ストックマネジメント・更生・耐震・浸水・CALS・電子納品・SXF・属性・GIS・3次元・下水道IT・情報化施工

2008年05月

土木設計業務等の電子納品要領(案)

  昨日公開された「土木設計業務等の電子納品要領(案)」平成20年5月版が、平成16年6月版のどこと差異があるか見てみます。

・大容量記録媒体
p18の電子媒体で、基本的にはCD-Rの使用とするが・・・ ・・・DVD-Rも協議により可とするとなっており、受発注者協議によりDVD-Rの使用を認めることになっています。また、その際のファイルシステムの論理フォーマットは、UDF(Universal Disk Format)Bridgeとするとされていました。

・電子媒体
p19の電子媒体の標記規則で、媒体の左右に「発注者署名欄」と「受注者署名欄」ががつかされました。
また、シールが剥がれることによって、電子媒体に悪影響があるとのことから、シールの貼付けをしないことになった。

要領(案)・基準(案)の改定

国土交通省の報道発表があり、次の要領(案)・基準(案)が公開されました。

・工事完成図書の電子納品要領(案)
・土木設計業務等の電子納品要領(案)
・デジタル写真管理情報基準(案)
・CAD製図基準(案)」

 今回改定された要領(案)・基準(案)の適用は、平成21年1月以降に契約を締結する直轄工事・業務です。
報道発表資料は次のURLです。
要領(案)・基準(案)のダウンロードは次のURLです。
http://www.cals-ed.jp/

雨水流出解析

 シビルソフト開発が、上下水道から河川まで水環境をトータルに解析できる能力を持ったシミュレーションソフトInfoWorksシリーズ(英国Wallingford Software社)の日本国内総代理店である江守商事株式会社と提携し、シミュレーションソフトInfoWorksシリーズを提供することで、これらの設計に携わる技術者のサポートを行っていくという案内がありました。

雨水流出解析の概要と業務フロー及び浸水シミュレーションソフトの紹介は次のURLをご覧ください。

http://www.civil.jp/product/infoworks.html

下水道施設耐震計算例ー管路施設編ー訂正について

 日本下水道協会のホームページに『「下水道施設耐震計算例ー管路施設編ー」第3章管きょ等の耐震性能において、性能値について一部別資料のとおり訂正します。』と掲載されていました。

変更内容については、pdfで提供されており次のURLからダウンロードできます。
http://www.jswa.jp/04_publication/seigo_taishin_kohen/index.html

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ