日経BPの家入さんが主催している「イエイリ建設ITラボ」においてCALS/ECのアンケートを先月から行っていましたが、その結果が昨日のブログに載っていました。
http://blog.nikkeibp.co.jp/kenplatz/it/ubiq_doboku/090256.html

アンケートの回答者は100人以上で電子納品経験者が8割だそうです。今後、CALSの施策が展開していくと、仕事の効率はどう変わるかという問に、「効率化される」「やや効率化される」をあわせると66%と高い数値を示しました。

また、異なるCAD間のデータ交換に使うファイル形式では、
1位がDXF形式で63.4%
2位がSXF形式で55.4% という結果だったそうです。

なお、その他の結果を含んだ詳細は、次のURLをご覧下さい。
http://blog.nikkeibp.co.jp/kenplatz/it/enquete/090178.html