土木人IT@Akiba

建設IT・i-Construction・CIM・BIM・IAI・IFC・アセットマネジメント・ストックマネジメント・更生・耐震・浸水・CALS・電子納品・SXF・属性・GIS・3次元・下水道IT・情報化施工

下水道管路施設管理技術セミナー

 公益社団法人日本下水道管路管理業協会関東支部の主催によるセミナー開催の案内がありました。

セミナー内容は、

1.新下水道ビジョン

2.堺市における下水道管路施設維持管理等の民間委託化包括的民間委託

3.管路協会の資格制度

についてとなります。

開催日時:平成 26 年 10 月 23 日 (木)13:00 受付開始  講演会 13:30~16:20

開催場所:損保会館 大会議室

主催 公益社団法人日本下水道管路管理業協会 関東支部

後援 国土交通省関東地方整備局

 

詳しくは、セミナー開催案内(PDF) をご覧ください。

 

土木情報学シンポジウム

土木学会主催による「第39回土木情報学シンポジウム」が開催されます。

元は、情報利用技術委員会でしたが、今は衣替えして、土木情報学委員会が、このシンポジウムの担当になっています。

シンポジウムの内容は、
    ①論文発表
    ②CIM特別セッション
    ③特別講演
    ④委員会報告
    ⑤土木情報学賞表彰式 となっています。  

特に、CIM特別セッションが、初日の9時から15時30分までと多くの時間に割かれていて、他には、数値解析、ITS、リモートセンシング、センサ、GIS、情報化施工、CAD/CAM、CG/VR、GPS の枠があります。

 

期日:2014年9月24日(水)・25日(木)の2日間
会場:土木学会講堂およびAB会議室(東京都・四谷)
参加費:会員:3,000円  非会員:4,000円(講演集代金は参加費に含まれます)

 

プログラム内容など詳細については、参加申し込み  をご覧ください。

 

施工計画講習会「施工のポイントとCIMへの取り組み」

 土木学会では、継続教育プログラムとして、構造工学委員会の講習会を企画していますが、施工計画講習会「施工のポイントとCIMへの取り組み」の案内がありました。

開催日時 : 平成26年11月7日(金) 9:00~17:00  
場所 : 土木学会「土木会館」2階 講堂
 
プログラム(PDF) : (詳細はパンフレットをご覧下さい)
 ・地盤の基礎知識
 ・土留め工・仮締切りの計画と施工
 ・土木技術者の倫理
 ・国土交通省の情報化施工に対する取り組み(仮)
 ・CIMに対する取り組み例(設計)(仮)
 ・CIMに対する取り組み例(施工)(仮)

継続教育小委員会のホームページ

「下水道維持管理指針」2014年版説明会

 「下水道維持管理指針-2014 年版-」の「総論編」、「マネジメント編」、「実務編」の 3 編構
成セットが発刊されますが、その改定内容についての説明会が 「下水道維持管理指針」2014年版説明会として、次の場所で開催されます。

9月19日(金) 福 岡 会 場   90名
9月26日(金) 大 阪 会 場  220名
10月 3日(金) 東 京 会 場  250名
10月10日(金) 名古屋会場    70名
10月24日(金) 札 幌 会 場   70名

 

詳しくは次のURLをご覧ください。

「下水道維持管理指針」2014年版説明会

情報共有システム

 国総研(国土技術政策総合研究所)の防災・メンテナンス基盤研究センター「メンテナンス情報基盤研究室」において、「工事施工中における受発注者間の情報共有システム機能要件 平成26年7月版(Rev.4.0)」が公開されました。

情報共有システム機能要件

 

大槌町復興計画3Dイメージ

 岩手県大槌町の復興、街づくりのイメージを共有するということで、町内8地区のそれぞれを映像で見ることができます。

また、ウォークスルーでは、いろいろな視点や角度から復興のイメージが分かるようになっています。

 

詳しくは次のURLをご覧ください。

大槌町復興計画3Dイメージ

アンケート

 OCF(オープンCADフォーマット評議会)が、SXFブラウザの提供終了についてアナウンスしており、併せてSXFブラウザの利用状況についてアンケートを行っています。

アンケートの締め切りは、8月31日までですが、7月23日時点で回答数が939件あり、その結果がグラフとして公開されています。

SXFブラウザの終了を知らなかったという回答が、47%とは、ちょっと驚きです。

アンケートについては次のURLをご覧ください。

SXFブラウザ終了とアンケートのお願い

 

感謝状

 東京都下水道サービス株式会社(TGS)の 創立30周年記念感謝状贈呈式が、2014年8月1日10時より、東京ステーションホテルにて開催されました。

株式会社シビルソフト開発(CSD)は、下水道事業に関する卓越した技術と豊富な経験を活かし多年にわたりTGSの事業発展に大いに貢献しその功績が誠に顕著であるということから感謝状を頂きました。

73a9c4aa.jpg

 

管きょ更生工法のJIS制定

下水道の改築更新コストの軽減が可能な「管きょ更生工法」が、日本工業規格(JIS)のJIS A 7511(下水道用プラスチック製管きょ更生工法)として制定されました。

詳しくは次のURL(PDF)をご覧ください。

国道交通省のPress Release

 

下水道展’14大阪

インテックス大阪で開催中の下水道展、今日で二日目になります。

主催者発表によると、初日の来場者数は、15,811人で、昨年比96%になっています。

暑い日が続いていますが、出展側には製品開発者もいて、より深いところを知る良い機会ですので足を運んでみてください。

設計ですと、やはり、「下水道施設の耐震対策指針と解説 2014年版」対応のソフトウェアに関心が集まっているようです。

 

7571f64d.jpg

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ